森の使者 ヤマブシタケを知っていますか?

ヤマブシタケという名前の由来は、山野を歩き仏教の修行をする修験者のことを言いますが、このキノコの形状が山伏が着る鈴懸伊の衣装に似ているところから大正時代の薬草学の大家で
ある白井光太郎氏が「山伏茸」と命名しました。
見た目は房のように丸く、真っ白でとても美しく、ナラ、カシ、ブナ、クルミなどの広葉樹に着生します。

植林や環境の変化などで山の生態系が大きく変化したため自生がほとんど見れなくまさに「幻のキノコ」となってしまいました。

 未来健医研究所の
「アルツフリー」について

高齢化がさらに進み医療費や介護に関わるコストが増えていく中、病健康寿命を延ばし病気を未然に防ぐ「予防医学」の役割は大きくなっています。
最強の抗酸化作用…プレミアムヤマブシタケ「アルツフリー」は若々しいカラダとアタマを保つためにぜひ摂っていただきたい食品です。
毎日服用するものだから本当に身体に良いものを皆様に広め元気に生活してもらいながらより豊かな社会の実現を目指していきたいです。

酵素技術について

常温で酵素を作用させ酸やアルカリ、熱などを加えずに食品を分解する高橋酵研独自の技術です。

酸やアルカリ、熱などを加えないため、食品の栄養価が損なわれにくく、サプリメントとしての消化吸収しやすくなるというメリットがあります。

高橋さとる博士プロフィール

酵素を利用した低分子化技術 A・T・E常温分解溶出
を研究開発。(A・T・EとはAmbient temperature Enzyme)の略。

山口県生まれ 農学博士
1950年 3月 鳥取大学農学部農芸化学科卒業
1950年 4月 鳥取大学農学部農芸化学科助手
1979年 4月 愛媛県工業試験場主席研究員
1984年 4月 東亜大学工学部食品工学科教授
現在 髙橋酵研(株)代表取締役社長 兼 CTO

[ 主な研究歴 ]
■ 微生物酵素の研究にて、九州大学農学部より農学博士の学位取得
■ 酒精の改良に関する研究
■ 微生物酵素の利用に関する研究
■ 柑橘カスを利用する酵母によるSCPの生産に関する研究
■ 植物の完全単細胞化方法他特許多数取得

微生物が持つ酵素の力に出会い、研究を始めて70年近く。
自然な食材を分解できる酵素を発見したことで、
「常温酵素分解溶出」技術を確立。

カンカイ先生紹介

 

カンカイ先生はこんな活動も行っています!

カンカイ先生が「日本健康福祉協会」という社会公共の健康・福祉の増進に寄与することを目的とし、活動を行っている協会のイベントに参加させていただきました。

「人生100年時代に健康に生きるため」と題して40代~80代の幅広い年齢層の方々に参加していたたき健康講座を行いました。

まず、痛みとは?また痛みとの付き合い方について・・

年齢を重ねると身体のどこかには、痛みを感じるようになり、完璧に痛みのない生活は難しいという内容で【第一部】をスタートしました。

痛みと付き合いながら生活するには?

運動、栄養、睡眠、ストレスフリーな思考などが大事で、難しく考えなくてもいいというお話や簡単にできる腰痛体操を指導しました。

カンカイ、リウマチ9.6

 

【第2部】はサプリや漢方について・・

私達の身近に存在する、サプリメントについて知ってるようで知らなかった事、エビデンスによる裏付けがあるサプリメントや、プレミアムヤマブシタケ「アルツフリー」について等々・・

漢方については、5つの性質「木・火・土・金・水」を自然界や人間の身体にあてはめ、どのように影響し合っているのかという「五行学説」について。

「五性五味」酸味、苦味、甘味、辛味、塩辛と五つに分類した味にはそれぞれ働きがあること、食材の性質は、〈寒性、涼性、平性、温性、熱性〉という五つの性質に分けられ、この五味と五性を知ることで、その食材の効果・効能がわかりその特徴を季節ごとに料理の味付けに生かし、自然由来の食べ物の力を借りて不調を改善する事が大切というお話でした。

また、旭川のアロマセラピーサロン「with a smile」の代表で、日本アロマセラピー学会認定臨床看護師でもある和久恭子さんの指導による未来健医研究所商品「薬用入浴剤カンカイ」の和漢パックを使った手浴、足浴の実体験も行いました。

カンカイ、足浴

 

また、このような会を全国各地で回れるようにできることが私達の今後の目標です。
次は、みなさんの街にもカンカイ先生が訪問するかもしれません

宮崎県 58歳 女性

仕事がら睡眠時間が安定しておらず、いつも寝不足状態が続いている毎日です。
車を運転する事が日に何度もあり、眠くてヒヤリとする事が度々ありました。
仕事仲間に話すと、酵素分解アルツフリーを勧めてくれました。
5ヶ月飲み続けていますが、頭がスッキリとして運転中危ないと思うことが一度もなくなりました。そして一日中元気でいられます。
身体の調子が安定して仕事にも車の運転にも不安がなくなりました。
生活に自信が持てるようになり感謝しています。
これからもずっと酵素分解アルツフリーを愛用していきたいと思っています。

岩手県 64歳 女性

78歳になる母の感情が不安定になり、急に怒り出したり、はしゃいだりその差の激しいのに戸惑う日々でした。
もしかしたらと神経内科を受診したら初期の痴呆と診断されました。
病院の薬だけではなく何か良い方法はないかと調べたら「アルツフリー」を見つけすがるような思いで注文しました。
3ヵ月ほど飲み続けたら躁鬱の感情がなくなり穏やかになり表情も明るくなってきました。
これからどうなって行くのだろうと不安に思う毎日でしたが「アルツフリー」のおかげで落ち着いた毎日を送っています。
そして私も母と一緒に「アルツフリー」を愛用し始めました。
元気でスッキリとした毎日を実感しています。

新潟県 75歳 男性

ヤマブシの効能の良さは、健康雑誌やインターネットなどで知っていました
服用するなら上質な物をと思い色々な会社から取り寄せて飲んでみました。
どれが良いのか迷っていた所、御社の酵素分解「アルツフリー」を目にして早速注文した所、効能の良さ、飲みやすさ、価格などから続けて行ける商品なのですぐに定期購読にしました。
妻と少し物忘れがある母の3人分注文しています。
いまでは、「アルツフリー」が家族の支えになっています。
ずっと続けていきますので宜しく御願いいたします。

長野県 68歳 女性

最近自分の変化に不安を覚えていました。名前が思い出せない、気がふさぐ、怒りやすく我慢が出来ない、身だしなみに無関心、外出が億劫になる、説明書を読むのが面倒、以前の自分ではない変化にこのままで良いのかと思う毎日でした。
ただの老化なのか、認知症の始まりなのか、でも病院に行くほどでない。
友人や家族に相談したくない。なにか良い方法はないかとインターネットで検索しました。
そこでボケ、認知症のサプリを見つけこれぞと思う物を注文してみました。
何社かのサプリを試してみましたが、効き目、飲みやすさ、続けやすさ、サポートなどからアルツフリーを定期購入、飲み続け5ヶ月経ちましたが、今の自分に自信をもてるようになって来ました。
脳が若返ったようで身体もはつらつとして明るく元気になっている。
お店の名前や人の名前も以前よりスッと出てくる。もっと早くから服用すれば良かった。
私のように不安を抱えている方に是非お薦めしたい。
これからの人生をアルツフリーと共に歩んで行ける事に感謝する毎日です。

山口県 73歳 男性

71歳の妻が鬱病になり炊事や身の回りの事が出来なくなって来ました。
言葉も出なくなり「あれ」「あの」「あそこ」という言葉になりとても心配していました。
平成29年12月28日より朝一番でアルツフリーを飲み始め30年1月18日には、完全に言葉が出るようになり「アルツフリー」の特効に驚き真剣になりました。
30年6月6日現在では、炊事も出来るようになりこんな嬉しい事はありません。
何より「笑い」「言葉」が出るようになった事が有難いです。
動作は少しノロイですが考えることはしっかりとしています。

実は脳は栄養素を大食いするのです。

  脳は大食い?
人間はどのぐらい熱を発しているのでしょう。基礎代謝つまり安静にしていても1日あたり1600kcal を食事から摂取して消費しています。
これは75Wの電球と同じです。脳は体の2%の重量しかないのに、からだ全体の15%の血流 、20%の酸素。さらになんと25%ものブドウ糖を消費しています。
本当に脳は大食いですね?
ところが体の血流や酸素消費は運動で増えるのに脳の血流はそれほど増えませんたくさん頭を使っても筋肉痛のようにはならないのです。この理由としては、一つは脳活動に際して血流よりもブドウ糖の消費が増えるのです。
もう一つは、脳全体でなく視覚野や言語野といった脳活動に応じてエネルギー源の分布がかわるのです。

さらに…脳は睡眠時などの安静時もほとんど活動時と変わらないエネルギー消費をしています。
記憶の整理や定着、老廃物の排除などをしているといわれています。
このため必要量の数倍の血流を普段から確保しているのです。

 

24時間働きづめの大食い脳はくたびれないのでしょうか?

答えはyesです。

 

認知症患者さんでは血流低下よりも糖代謝の低下(Fukuyama-H, J Nucl Med 35:1-6 1991)が起こっているといいます。
一方認知症発症の早期では糖代謝が亢進(藤原,新潟医誌131:531-543 2017)しています。
これは働きづめで、さびつき物質である糖化産物が蓄積し、広い意味での炎症が起きている状態です。
脳はコレステロールの多い組織で、発症前のコレステロールが高いと認知症のリスクになります。
認知症予防には糖尿病などの酸化ストレスを避けることと、βアミロイドなどの老廃物を掃除してくれる良い睡眠が重要です。
抗酸化作用のある食物としては ツルニンジン(党参)、ギョリュウ(御柳)、ヤマブシタケなどがあります。
とりわけヤマブシタケのヘリセノンの抗炎症作用、神経成長因子の促進作用に注目です。規則正しい食事と良質な睡眠が一番のようです。

 

しかも霊長類以上では脳細胞はほとんど生まれ変わることはありません。
ひ弱な神経細胞を生かすも殺すもお世話係のグリア細胞次第なのです。
糖化産物や糖尿病や悪玉コレステロールや歯周病菌の産物にさらされるとグリアはこれらのダメージ分子と戦おうとして自己炎症をおこして結果的に神経細胞が減ってしまします。睡眠中にアミロイドやタウ蛋白などの老廃物をクリーニングするのもグリアです。
脳の数パーセントはコレステロールで構成されていて、リン脂質とともに必須の成分です。善玉コレステロールやリン脂質は脳の大事な栄養です。
抗酸化作用のある食物としてはカフェイン、ツルニンジン(党参)、ギョリュウ(御柳)、イチョウ葉、ヤマブシタケなどがあります。
とりわけヤマブシタケのヘリセノンの抗炎症作用、神経成長因子の促進作用に注目です。
規則正しい食事と良質な睡眠が一番のようです。

脳の知的機能を担っているのは約140億個もの神経細胞です。
40歳を過ぎると脳の神経細胞は健康な人でも1日10~40万個ずつ死滅していると言われます。


加齢によるサビ。私たちの細胞は年をとるごとにサビついていきます。

サビつきが一定以上にすすむと、思考や記憶の機能が衰え、感情面のコントロール不能「ものの名前が出てこない」「怒りっぽくなった…」「集中できない」などの問題が表面に現れてきます。


 

バナナや梨や桃、リンゴなど皮をむきしばらくすると茶色く変色していったりしますよね…?  これがいわゆる「サビ」と同じことで人間の細胞は酸素を取り込んで活性酸素を発生させてしまいます。

 

脳はエネルギーとしてたくさんの酸素を必要としています。
その分大量の活性酸素が発生し、ダメージを受けやすいのです。
ただでさえ脳の神経細胞は年齢とともに減っていくため、酸化によって傷つけられると、疲れやすくなったり思考力や記憶力が弱くなったりしてしまうことに。

 

大量の活性酸素が生まれると退治役である体内のSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)という酵素が不足し、活性酸素が細胞を傷つけてしまう作用があります。

歳をとるにつれて体内の抗酸化物質のSODが次第に減っていきます。
すると活性酸素を撃退することができず活性酸素は増える一方なのです。

―英米では以前からヤマブシタケが「ライオンのたてがみ」という名前で親しまれ、その成分を含有したものが「メモリーサポートサプリメント(記憶補助サプリ)としてだしていたようです。

ヤマブシタケは欧米で認知度が高く、また中国などでも日常的に食べられています。

そして…中国ではヤマブシタケを子供の受験前に食べさせる習慣もあり、子供から大人まで栄養食として日常的に食べられてきた歴史があるわけです。

ヘテロβグルカンをはじめミネラルやビタミン、食物繊維、核酸などカラダのバランスを整えるために大切な栄養素やヘリセノンDやヘリナシンなどアタマの働きを保つのに役立つ成分が
含まれる非常に優れた健康食品だと思います。

 

サプリ一般のメリットとして持ち歩いていつでもどこでも摂れるということは1番のメリットです。

10gのサプリメントでキノコの100gを食べたことに相当するわけですから非常に効果的で食事のメニューとして摂るよりも負担が少ないということは(その日の食欲や体調などに関わらず)毎日摂っていただいて、健康増進に役立てていけると思います。

 

サプリメントと言っても様々な製法がありますが、未来健医研究所独自の常温で酵素分解抽出するような熱を与えないで抽出することで成分が変性することがなく栄養成分をまるごと摂取できるような製造方法が理想です。

生のものを食べるよりも摂取効率が格段に良くなりサプリメントとしての利点が大きいです。

アルツフリーを愛用しております。

79歳 まだ現役で仕事をしております!!

私は北海道帯広という所に住んでいます。未来健医研究所さんとは、「カンカイ」という温浴剤を購入してからずうっとお付き合いしております。骨粗しょう症を患ってから手足の不具合はありますが79歳にしてまだ現役で仕事もこなし日々がんばっております。

アルツフリーのサプリは販売前からモニターという形で携わっておりました。

1日4粒を朝忘れないように習慣づけて飲んでいましたが骨粗しょう症の他、中性脂肪の数値などが血液検査の結果何かかしら引っ掛かっていたのに、今回はすべて標準内という結果に…!

毎日アタマすっきり! 白内障の手術もまだ受けずに!

こうやって仕事に携われるのは毎日サポートしてくれたアルツフリーのおかげです。

大好きなおしゃれを楽しみ、娘とドライブを楽しみ、毎日充実しております。

下の写真は夏に富良野へ遊びに行った時の写真です。

素敵な場所でのお茶をするカフェ巡りも楽しみの1つ…♪

北海道在住… 末永幸子さん

インタビュー時、79歳

趣味…ファッション、季節のディスプレイ、カフェ巡り

だんなさまと二人暮らし

愛犬のつきみちゃんを2人で溺愛♡

お仕事はホテルの清掃。毎日きちっとお化粧をしてヘアもセットして出勤。

笑顔でお客さまに接客をしていてホテルの常連さまからお褒めの言葉をいただくそう… 毎日イキイキした生活を送っております。

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー | 利用規約

Copyright © Miraikenikenkyujyo co.,Ltd.